白髪を何とかしたい時はどんなやり方がいいのでしょう

30歳を過ぎると白髪が目立つようになります。無論白髪には遺伝子も大きく関係しているので、20代で目立つ人もいれば、40代でもそう目立たない人もいます。

 

しかし一般に気になり出すのは、30代からと考えておくといいでしょう。加齢に伴って出てくるものなので、むしろそのまま自然に白髪になるという方法もあります。

 

 

しかしそれだと老けてみえるとか、若くて白髪になると、顔の張りと合わずに不自然になるということもあります。そのような時には、カラーリングをするという方法もあるでしょう。

 

 

また夜更かしとか食生活、喫煙などが原因で白髪を増やしてしまうこともありますので、あまり白髪が増えてほしくない人は、生活習慣を改めるなりタバコをやめるなりするといいでしょう。

 

 

また血行が悪いと白髪が増える確率が高くなりますので、体を適度に動かし、体を冷やさないようにするのも大切です。

 

 

これにより、白髪の一部が黒くなった人もいます。それから生えて来た白髪は、抜いてしまう人もいますが、抜くと毛根を傷めやすくなりますので、目立たない程度にカットするのがいいでしょう。

 

癖毛は扱いにくくて困ります

 

自分の髪が思い通りにならないことが悩み。
癖毛の量が多いからどうやってもキレイにまとめることができないんですね。
ストレートヘアだったらいろんなヘアスタイルにチャレンジできるのに少し悔しいです。

 

ストレートヘアの娘は友人に髪質を褒められることが多いようでそれが私にはうらやましくて・・・。

 

髪質も遺伝すると思っていたけどストレートヘアがお気に入りの娘に私の癖毛が遺伝しなくて良かった。
癖毛で苦労するのは私だけで十分です。

 

 

癖毛だからクルクルドライヤーを使ってもストレートアイロンを使ってもクセが残ります。

 

さすがに美容院でセットしてもらえばクセが出ないかと思いきやクセが出ないのは初めだけ・・・。
あっという間にクセが戻り気に入らなくなるので結局ひとつ縛りにしてしまいます。

 

こんな感じだから大事な場面で髪のオシャレを楽しむことができません。
癖毛ってクルクルしてて可愛い!と言う人もいますが扱いにくくてやっかいなんです。

 

清潔感のある髪型が好き

 

好きな髪型は髪が顔にかからないスッキリまとめた髪型で、嫌いな髪型はその反対のまとまりのない髪型です。
年齢を重ねるにつれ髪型もスッキリさせたほうがキレイに見えることに気づきました。

 

年を取ると自信がなくなり髪で顔を隠そうとする人がいますがそういう髪型は老けて見える元ですよ。

 

しっかりまとめた髪型は利口そうに見えるし、自分に自信があるように見られます。

 

もちろん自分に自信が持てないと顔を全部出すような髪型はできないでしょう。
人は見た目も大事ですから印象を良くするためにも髪はいつもスッキリさせています。

 

ひとまとめにした髪でも後れ毛がたくさん出ているのではキレイとは言えません。
後れ毛がパラパラ落ちてくる場合はワックスやムーズなどをつけて落ちてこない一工夫が必要です。

 

顔に髪がかからない清潔感あふれる髪型に慣れてくると性格が明るくなります。

髪型って結構人に見られています。
だから気を抜かず清潔感を出したいものですね。

 

付け過ぎ、置き過ぎ、恐怖の自宅染め

 

白髪が、今日もまたきらきらと鏡の中で光っています。
みっともないと言うほどでもないのですが、やっぱり気になる。

 

その日の夜、いつものように自宅でセルフ白髪染めをすることにしました。
ところが、いつも使っていた商品が近所のドラッグストアから消えていて、仕方なく同じメーカーのワンランク上の商品を購入。

 

華やかな印象にしたくて、色も明るめを選択しました。これが、失敗組曲の序章でした。
高かったから、ちゃんと染めないとと気合が入ります。組曲第1曲。

 

首や額、耳にもワセリンを塗って、肌に色が付かないよう準備します。前ボタンの服に着替えて手袋をはめ、いざ出陣です。
いつもは薬剤をコームで混ぜて、コームで塗るタイプを使っていました。

 

今回はボトルで混ぜてノズルを付け、そのまま塗っていくタイプ。初めての体験です。
利き手と反対から塗っていくわけですが、最初に塗る頭頂部付近の白髪が気になって、いつもより多めに塗布してしまいました。

 

もうお気づきのことでしょう。失敗組曲第2曲です。
更に、しっかり染まるのを期待して、説明書に記載されている放置時間ぎりぎりまで置きました。

 

染まりやすい猫毛なのに。第3曲がサラサラと書きあがった感じです。
さて、終曲は言うまでもなく、絶叫行進曲となりました。

 

お風呂場で薬剤を洗い流し、美しく仕上がったに違いない髪を乾かし始めた私の叫びは、家じゅうに響きました。
付け過ぎ、置き過ぎ。色選択の間違い。

 

頭頂部は金髪もどき、全体に明るすぎる外人風ヘアの完成です。
どうやって明日から外に出ればいいんだろうかと、笑うしかない夜でした。

 

ただ、その時は楽しかったので良いのですが、いろいろな商品を使ったため髪の毛がかなり傷んでしまいました。だから、今は【ハーブガーデンシャンプー口コミ】を参考にして髪の毛を労わっています。